《卒団した先輩の声・メッセージ》

「経験や知識やマナーを勉強させてもらった」

 

僕は、この高砂ヤンキースで6年間お世話になりました。

ヤンキースでは、経験や知識やマナーなどを勉強させてもらいました。

そのおかげで中学校の野球部でレギュラーとして練習についていけてます。

在団生のみなさまも、これから頑張ってください。

 

19期卒団生 畠山和樹

「ヤンキースに入ると明るく強くなれる」

 

ヤンキースに入ると明るく強くなれるから素敵だと思う。
遊び仲間も多くなったし、とても楽しかった。

これから大きくなっても忘れない思い出なのだろう。

 

17期卒団生 岡村功一 

「スポーツの素晴らしさを知りました」

 

僕はヤンキースで野球をするこを通じてスポーツの素晴らしさを知りました。

在団時に僕はチームのために活躍する機会はあまりなかったけれど、

自分の中ではとても充実した日々だったと思います。

そしてその時味わった何か一つの事をやり遂げる難しさや厳しさ、そしてそれを達成したときの喜びは

いつまでも忘れない!

 

16期卒団生 岡田方伸

「勝ち負けよりも大切な事ではないかと」

 

僕らは、あまり試合には勝てなかったけど、僕らは僕らなりに楽しんできたから良かったと思う。

本人が楽しんで野球をするということは、勝ち負けよりも大切な事ではないかと思う。

 

15期卒団生 橋場敬志

「勝利の喜びも負けのくやしさも一緒に分かち合えた」

 

ヤンキースに入って本当に良かったと思います。

なぜなら、仲の良い友達との練習はとても楽しく、そして試合の勝利の喜びも負けのくやしさも一緒に分かち合えたからです。

試合で初めて勝ったとき、みんなで心から喜んだこと、ラーメンおごってもらったこと、あんなチームには勝てると思ったのにボロ負けしてグランドのまわりをずっと走らされたこと、みんないい思い出です。

 

14期卒団生 城 貴洋

「チームワーク、人を思いやる気持ちの大切さを学んだ」

 

ヤンキースに入団して、精神的にも成長し、中学に入ってからも野球を続けることができました。

そして何よりもチームワーク、人を思いやる気持ちの大切さを学んだと思います。

 

13期卒団生 佐藤一成

「何か言葉に表せない深いものを教えてくれた」

 

になっても今だに鮮明に残っている高砂ヤンキースの思い出。

無邪気で何も知らなかった私に、喜び、悲しみ、人間であることに大切な物、

何か言葉に表せない深いものを教えてくれたように感じる。

 

12期卒団生 永田泰智

 

「ヤンキース入団は人間形成の第一歩」

 

改めてヤンキースを思い出し、現在の自分を見つめると、私にとっての人間形成の第一歩がヤンキース入団だったと思う。

あの時の苦しさ、楽しさは私にとって自慢であり、素晴らしい思い出である。

私の一つの夢は、自分の子供にヤンキースのユニホームを着せ、私がコーチすることである。

こんな思い出と夢を与えてくれたヤンキースに感謝している。

 

11期卒団生 岡田新太郎

 

「野球を通じて自分自身の向上、協調性を体得」

 

私は、ヤンキースに入り野球の技術、楽しさを知るとともに、それに携わる関係者のご指導により、

野球というものを通じて自分自身の向上、協調性を体得することができ、私にとって大変貴重な思い出となりました。

 

10期卒団生 真野順弘

「野球人生の中で最も楽しかった6年間」

 

私は、父と兄の影響もあり、ヤンキースとは小学校1年から6年間お世話になりました。

その後、高校卒業まで12年間野球一筋でやってきましたが、ヤンキースでの6年間は、私の野球人生の中で、最も貴重で楽しかった6年間でした。

ちょうど、仲町ジャイアンツとの合併もあり不安でしたが、野球を通じてすぐに仲良くなり、県南大会まで出場した思い出が印象に残ります。

今でも、ヤンキースOBで世代を越えた草野球ができることを幸せに感じています。

 

9期卒団 塚本 正

「すべての思い出が懐かしい」

 

今、振り返れば、試合に負ければ団長に怒られ、あの頃の時代が最高に思えてなりません。

また、キャンプ、旅行、さまざまな行事も楽しい思い出です。

年を取るとともに懐かしく思えることって素敵ですね。

 

8期卒団生 塚田茂雄

「一つの目標に向かって頑張った経験は、今でも自分の身に」

 

野球だけ考えると、キャッチボールさえまともに習得できませんでしたが、

みんなでひとつの目標に向かって頑張った経験は、今でも自分の身に付いて生きています。

これからも子供たちの良き学習の場として期待しています。

 

7期卒団生 大住一郎

「わきあいあいあいと野球をし、みんなで遊んだ事が強い思い出」

 

がヤンキースを知ったのは小学校2年生の頃だと思います。

その当時は、野球をしているというよりも、ただのボール遊び程度のものでしたが、

だんだん野球らしくなってきたことが思い出されます。

自分たちの代は強くはありませんでしたが、仲間とわきあいあいと野球をし、毎年恒例であるサマーキャンプで、みんなで海で遊んだ事が、今でも強く思い出として残っています。

 

6期卒団生 沼田 進

「野球の厳しさや勝ち負けを超えた楽しさを学んだ」

 

現在、ヤンキースに入団している皆さんには信じられないと思いますが、まだユニホームがない頃に参加した野球教室で、私たちは全員がバラバラのジャージ姿で参加したことも。

周囲の人から笑われた大変悔しい思いもしましたが、サマーキャンプは、田舎のない私にとっては

唯一の旅行の計画でもあり楽しみなものでした。

ヤンキースで野球をしたことによって、野球のきびしさや勝ち負けを超えた楽しさを学んだと同時に、

多くの友人も得たような気がします。

 

5期卒団生 梅田悟史

 

 

「野球を通じて多くの人と知り合うことが出来ました」

 

ヤンキースを卒団してかなりの月日が流れましたが、その間、野球を通じて多くの人と知り合うことが出来ました。

これからも、そういった機会が多々あると思っております。

ヤンキースに入団し、野球を始めたことは人生の中の大きな出来事だと感じております。

 

4期卒団生 栗原智宏

「チームワークや忍耐力など多くを学んだ」

 

まだユニホームもなく小学校の体操着で練習や試合を行っていたことを思い出します。

試合では良い成績を出せませんでしたが、チームワークや忍耐力など多くのことを学べ、

社会人としてのベースを築いていたのではないかと思う今日この頃です。

 

3期卒団生 尾崎祐二

「思い出すのは、ジャージ姿で練習や試合を行っていたこと」

 

振り返ってみて思い出すことは、全員ユニホームが無く、ジャージ姿で練習や試合を行っていた事です。

ユニホームが出来たのも6年生の時で、背番号を決めるのもクジ引きで決めたなんて思いがします。

また、試合では勝った思い出がなく、監督、コーチには「声を出せ」「元気出せ」などと怒られたことも思い出します。

卒団後、高校生の時にスポーツ少年団のリーダー会に入り、他の卒団したリーダー達と知り合い、

仲間を作り、仲間と楽しむことの嬉しさなどを教えていただきました。

 

2期卒団生 山田一浩

「今までの人生の中で、貴重な1ページ」

 

ホロ付きのトラックで、僕たちみんなが乗って試合に行ってた頃から月日が経ち、

その中で毎年恒例のサマーキャンプは、リーダーとして出席させていただき、年代毎に変化していく

出し物がとても楽しかった思い出があります。

それと、日独同時交流に参加できた事が、今までの人生の中で、貴重な1ページになっています。

これからもヤンキースの発展を祈願しています!

 

1期卒団生 酒井英紀

  フォトギャラリー

草加元気放送局